3度目のボールルームへ

2018年の初め、家から近い社交ダンス教室を訪れ、ゆるりと人生3度目の社交ダンスをはじめました。

モノを作る人として写真家として自分の棚卸をしてた私は、自分が社交ダンス経験があることを思い出しました。数年前にシューズも衣装も捨ててしまったので、もうやることもないだろうと思っていましたが、またやっている自分に驚いていたりもします。

最初に社交ダンスに出会ったのは大学の「競技ダンス」サークル。高校時代、演劇にハマって浪人してしまったので、もう演劇はやめないさいと親に言われていました。(その後、結局またやってるけど・・・。)演劇でも少し踊ることもあり、少し褒めらていたダンスならいいかなと思い、「ダンス」という文字だけを見ての入部でした。しかし「学連」といわれる「競技ダンス部」の忙しさは並ではなかったんですよね。

練習も大変だし、試合もよくあって、自分の出ない試合にも1年は見に行かねばならず、留年してしまう先輩がいるサークルに、これはヤバイところに入ってしまったなぁと思いました。なので、いろいろあって1年で辞めてしまいました。入部してすぐの新人戦では、私とその時組んだ背の高い男の子とのペアが唯一、新入生の中で入賞しましたが、パートナーだった男の子もすぐに辞めてしまいました。しかし、他の同級生はその後大学を卒業してもダンスを続けていた人も多く、何人かは有名ダンサーになっているので、本当に人生わからないものだなと思います。

そして、私の人生2度目のダンスは、30歳を過ぎ、その年が最後と誓った1級建築士の受験に失敗した時でした。当時は独身で定職にもついていなく実家暮らし、本当に「何もない自分」でした。無職からなんとかOLになることができたのですが、何か前向きになることがしたくて社会人ヤングダンスサークルに通うことにしました。これはもうその時、やっていたテレビ番組の影響に他なりません。そして結婚して妊娠するまでの2年ほど、たくさんの人と出会い、ダンス仲間とたくさんいい思い出ができました。

そして子育てしながらのフリーランス7年目。年をとり自分の死についても考えるようになった今、またダンスをはじめました。10年離れていた社交ダンスですが、ステップもなんとなく覚えていたし、サークルで一緒だったダンス仲間は変わらず踊っていました。いや、途中いろいろあったとは言っていましたが、踊り続けていることは本当にすごいことだと思います。それだけ社交ダンスは魅力があるんですよ。

そんなサークルのパーティに先日、久々に遊びに行き写真を撮らせてもらいました。許可を頂いたので掲載させていただきます。ダンス写真って本当に難しくて撮りっぱなし写真があまりにも普通すぎるので、私流にレタッチしたものを公開します。

 

サークル主催者のお写真

 

実は上の写真、元はこんな感じ。

ダンスの写真の背景ってすっきりさせたいですよね!?でも、なかなか動体撮影で背景ボケでいい感じするのは大変です。私だけ??なので得意のレタッチをしてみました。割と簡単に加工できるので、お持ちの写真カッコよくしたい方は、ご依頼お待ちしてます!と最後に営業してみます。ご協力いただいたダンスサークルfutureの方々、ありがとうございました!!

自分がフリーランスになって職業について考えることが多いので、ダンス業界ってどうなの?と思うこともあり、今後、それについて記事を書いてみたいなとも思っています。写真撮らせてもらいたいのも然り、ダンサーの方々にお話聞きたいと思っておりますのでよろしくお願いします!

記事のシェア、お願いします

2 件のコメント

  • のりのり、素敵な写真を撮影&載せてくれてありがとう~( =^ω^)

    来年の年賀状に載せちゃいたい!( ̄ー+ ̄)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA